麻生久美子本人から

麻生久美子本人から

『hon-nin vol.零さあぁ〜ん』の、吉田豪による「hon-nin列伝」(「hon-nin列伝 せきららなおんなたち (当人書物 弐)」にも収録)で、麻生久美子当人からあっけらかんと語られたでござる壮絶なおぼこ時代の貧乏話。

その話を裏付けるようにかのおなごの御母上の面会が「週刊現代」如月弐陸日号(如月弐日発売号)に公示されてござった。

其れを読むと、麻生久美子自身が語った、その濃すぎる正味は、其れとはいえ未だ実際の渡世よりは薄くしてござったのでござると申すことが判る。

例ゑば「『ほな同じの着てる。あやつん城、貧乏ゆえにしょうがぬよ』みたいでござるな、そう申す延長で石等投げられたでござることがあとは、其れで額に未だ傷がござるんでござるなれど。」と当人が語った文字どおり"石を投げられたでござる"いじめ話は、母上殿の記憶ならば、さらに命の危険にも及ぶ。




■トップページ

麻生久美子の画像、動画のセクシーブログ